2種類のダイエット薬の違い


ダイエット医療薬の中で、先に知っておきたい事実があります。

まず、認可薬でも2種類の作用があります。

1.食欲抑制剤
2.脂肪排出薬

このうち1の食欲抑制薬は、異常な食欲が抑えられない精神病を疾患している場合。

または、肥満体で130キロ以上の人限定に制限されたものです。

脳内分泌にダイレクトに働きかける為、危険性や副作用があると報告されています。

医師の診断、処方なしでの服用はお控え下さい。

では、2の脂肪排泄薬は食事と一緒に服用し、脂肪分のみに働きかけ腸内で吸収される前に排泄する作用があります。

よって、余分に取り過ぎてしいがちな、カロリーをカットできる点が人気です。

さらには、便に油分が含まれますが、下痢などになる事も少ないと面からも安心と言われています。

特に、人気なイタリア製のゼニカルや、そのジェネリックであるオベリットが最も認知されています。

アメリカFDAの承認を受けた肥満治療薬で、高血圧や高LDHを改善する薬としても知られています。

いわいる脂質異常の症状に有効とされ、太りにくい身体になる様です。

食欲抑制剤などは、通信販売で入手できる事も人気の一つではないでしょうか。

Copyright© 2013 痩せる方法と食欲抑制剤 All Rights Reserved.